睡眠&メンヘルサーチ

睡眠とストレスの関係やそれに関連する精神疾患や障害をいろいろな角度から掘り下げます。

ストレス 体験談

見かけと中身が正反対な某会社

ここまで外から見た評判と中の実態が正反対な会社も珍しいと思い投稿しました。かなり昔の話なのでもう公表してもいいでしょう。勿論会社は現存するがww

昔々、バブル期のころだったかな?・・・

自分は某鉄道会社に勤務したことがあります。きっかけはそこに入る前に工場バイトをしていてたまたま求人広告を見つけてダメもとで採用試験を受けたらなんと受かってしまったのです。しかも現在では希少な正社員で。ちなみに現在そこの会社に入ろうと思ったらその会社の駅会社(子会社)に入る→乗務員になりそこで初めて本体会社に転籍になるらしいです。今もその会社に居てたら悠々自適の生活が送れたのでしょうがそんなに甘くないのが実態でもあります。

見かけの評判は?

まあいろいろあるのですが内部事情を知らない人たち(大きいお友達含む:いわゆるマニアの方)からするとあまり悪い話を聞きません。いまでもそのようです。最近では鉄子なる方たちも熱い視線を送っているようですが。(鉄道好きアイドルなんかで検索していただくと多数出てくると思われます。)

いざ入社すると?

ヤンキーやチンピラまがいの輩が多数いてとてもとても大変でした。(お客のガラも悪いが社員のガラも悪いww)勿論接客業なので茶髪とかはないですが。ピアスをしていてお客にキレられていたのもいました。(しかも乗務員)

入社後本社での研修はそうでもないのですがいざ現場(駅)に入るとさあ大変、上記のような先輩方に「洗礼」を受けました。中の仕事は基本的に下っ端がすべてやらないとならず事務所の中や駅構内の掃除に始まり改札業務にその日勤務する社員分の食事の用意(基本的に職場から出られない、大規模な駅だと社員食堂があるらしいですが)その他雑用などなど。パシリなんかまだかわいい方で入社数年の先輩になるともう作業や雑用は後輩にやらせればいいと思っている(しかも指示すらない)問答無用に上司の主任に「まだしてないのか?すぐやれ!」と凄まれ駅の隅っこで吐きながら仕事していたこともあります。

一般的な当時の出世コース

私は後述する理由により3年たたないうちにリストラされてしまったので(理由は後述します)正直上に上がってからの事は聞いた話だけなのですが高卒入社の場合大きく分けて乗務員になるコースと駅業務を極める?コースがあって駅業務に残るコースの場合乗務員になる方よりは出世は劣りますがそれでも主任~助役あたりまでなら行けるようです。

他方乗務員になる方の場合(これがこの会社での一般的な出世コースかな?)駅業務を約2年するとその駅の上司の推薦で車掌見習い試験(だったかな?)がありこれにパスすると会社内の教習所で学科1か月、実地1か月の研修をへて車掌登用試験をへて晴れて車掌として業務につきます。

その車掌を最低2年務めると今度は運転士見習いへの道があります。会社により呼び方は違うのですが車掌区の上司の推薦で運転士見習いになるとまた会社内の教習所(法令によると「養成所」になります)で学科4か月、実地5か月の研修があります。実地は実際の営業列車を使い指導運転士の元で実習します。まあお客の命を預かる職業なのでとても厳しいです。これは車掌にも言えますが。研修をパスして会社内の登用試験、あと所属事業者を管轄する国土交通省の地方運輸局の試験官が出向き免許試験を行います。車両の点検、ブレーキ操作に目視での(速度計を見ないで)速度がどのくらいか答えるとかあります。

これらにパスすれば例えばJR在来線や私鉄の電車の場合「甲種電気車運転免許」というのが前述の監督官庁から交付されます。自動車の運転免許のようなものですが所属事業者が明記されるので勝手に他社の列車とかは運転できないみたいです。ちなみにディーゼル列車を運転する場合「甲種内燃車運転免許」になります。

話が脱線(!)

してしまいましたが乗務員になるためにはまず「適性検査」をパスしないとなれません。内容は視力(片眼0.7以上、両眼で1.0以上、今はメガネOKだが昔は裸眼で左記の視力無いとだめで泣く泣くあきらめた方もいたとか)や色覚、聴力にクレペリン検査なんかもあります。どんなにいい大学とか出ていてもこれにパスしないと乗務員にはなれないのです。

晴れて運転士になっても定期的に研修や適性検査はあります。他にも上司が「ちょっとでもやばそう」と感じたらその運転士はすぐ他の職場に回されます。旧国鉄の方なんかが運転士歴や車掌歴ウン十年とかざらにいるのに対し私の前いた会社が運転士でいられる期間は10年くらいのようです。

そのあとそれらで身に着けた技能などを生かし運転主任という職に変わります。はじめはいわゆる車庫から駅への入れ替え、列車の増解結や誘導などを数年して信号扱い所で駅に出入りする列車のコントロール、遅れ時分のチェック、ダイヤが乱れた場合隣接する別の信号扱い所や運輸指令と連携して処理にあたります。

そんな仕事を何年かして「助役登用試験」があるらしくそれに受かってポストが開けば助役として駅の実務上のトップとして事務や部下になる駅員たちの監督にあたります。厳しい言葉もたびたびいただきましたが。で運がいいと?駅長になります。さらに運がいいと?本社の○○課みたいなところで勤務するとかあるようです。

ストレスは無限。。。

で、最初の話に戻ってなんですが先輩社員のいびりだけならまだいいですが最近話題のいわゆるクレーマー客とかざらに来ますし酔っ払い人そのものもありますしその人が置いていったもの(ゲ○=社内では「お好み焼き」とか揶揄していた)あとは看板や掲示などをちゃんと見れば分かるような事を聞いてくるお客もこれまたざらに居ててこんな職場なのでもうストレスはたまりまくりです。まあ私の場合はもっぱら「夜遊び」で発散していました。なので貯金するはずが気づいたら借金が増えててシャレにもならなかった・・・

あとマニア(大きいお友達)が社内でどう思われていたかというと私はあまり気にかけた事はないのですが(気にかけている余裕なんか無い)もうメチャクチャ嫌われておりました。まあ会社にもよりますが大手と言われる会社の場合一般の利用者はお金を出してくれますがマニアは(乗り鉄以外)お金を落とさないどころか最近話題の葬式鉄のバカ騒ぎに各社頭を抱えているというのが本音ではないでしょうか。いわゆる鉄子はどうか知りませんが。私のいたころはそういう方はいなかったので。

でリストラの理由ですが改札が自動化されて余剰人員が出るという事で正社員なのに無理やり理由をこじつけられて実質クビにされたようなものです。(組合なんか御用組合で話にならない)まあ自分にとっても居る理由が無かったというのも大きいですが。仮にですが今もその会社に居たら障害者の世界なんか知らないで居ただろうと言っておりました。

 スポンサーリンク


-ストレス, 体験談


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

にゃー

トンデモ家主

この作業所職員も大概ですがその取り巻きもまたトンデモないようです。まあ今に始まったことではないですが。。。 登場人物 ボンクラお局:作業所の職員。次期所長w Hちゃん:アラフォー女子。パチンコが好き。 …

子供のころ引きこもりで精神科に通院しその後作業所に行く

☆作業所の意味に関してはこちらの記事をご覧ください。(サイト内リンクです、一般人の方にもわかりやすいように書いています事をご了承ください) 子供のころにADHDの診断 幼稚園や小学生の頃から通知表には …

ネコネコ

ストレスで心療内科に行き長時間作用型の睡眠薬を処方される

仕事に支障が出たので心療内科へ、睡眠薬が処方 仕事のストレスによって睡眠が浅く、寝付けない、寝ても就寝後2~3時間で起きてしまいそのまま朝まで眠れないという症状が半年ぐらい続いた。日中は睡眠不足による …

そもそも作業所にボンクラな職員が多い理由

福祉作業所にボンクラ職員が多い理由 作業所に出入りしているとフツーの会社ではまずお目にかかれないボンクラやバカな職員を多々みかけます。あるいは見るからに障害者をバカにしているような職員とか。 まず障害 …

処方薬が怖くて市販の睡眠薬を服用して限界を感じたOL

処方薬が怖いから市販薬に 会社勤めの女性です。以前の話になりますが、うつ状態(うつとは診断されていません)で、丸1日全く眠れず次の日に1時間程だけ眠れるというサイクルを繰り返していた時に試してみました …